IWOCA 2017 アクセプト (1)

文字列情報学研究室の中島祐人君・井上皓絵さん・三重野琢也君の論文が国際会議 IWOCA 2017 にアクセプトされました。

文字列情報学研究室の中島祐人君 (執筆時 D3 - 2017年3月卒業)、井上皓絵さん(M2)、三重野琢也君 (執筆時 M2 - 2017年3月卒業) の論文

"Shortest Unique Palindromic Substring Queries in Optimal Time,

Yuto Nakashima, Hiroe Inoue, Takuya Mieno, Shunsuke Inenaga, Hideo Bannai and Masayuki Takeda."

が国際会議 IWOCA 2017 にアクセプトされました。この論文は、入力としてある文字列中の区間が与えられたときに、その区間を含む最短ユニーク回文部分文字列 (Shortest Unique Palindromic Substring) を計算する問題を考えています。与えられた文字列の長さ n に対して、O(n) 時間の前処理を行うことで、任意の区間に対して出力線形時間でこの問題を解くアルゴリズムを提案しています。
 

IWOCA 2017 は、7月17日~7月21日に、オーストラリアのニューカッスルにて開催されます。