CPM 2017 アクセプト (2)

文字列情報学研究室の三重野琢也君の論文が国際会議 CPM 2017 にアクセプトされました。

文字列情報学研究室の三重野琢也君 (執筆時 M2 - 2017年3月卒業) の論文

 "Tight bounds on the maximum number of shortest unique substrings"
Takuya Mieno, Shunsuke Inenaga, Hideo Bannai, Masayuki Takeda

が国際会議 CPM 2017 にアクセプトされました。この論文は、文字列上の各位置に対してその位置を含むユニーク部分文字列 (文字列中に1度しか出現しない部分文字列)のうち、最短のもの (SUS - Shortest Unique Substring) を答える問題を解析したもので、文字列の長さを n とすると解となる SUS の総数の上限が 1.5n であることを示したものです。

CPM 2017 は、7月4日~7月6日に、ポーランドのワルシャワにて開催されます。